[PR] イベント グッズ
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

安全運転
安全運転

一発試験で取る運転免許証-福岡県筑後試験場攻略

教習所を使わず、一般試験で取る運転免許証

一発試験

筑後試験場へのアクセス

筑後試験場案内

筑後試験場コース図

筑後試験場攻略

筑後試験場情報

リンク集

筑後試験場攻略攻略法注意事項(二輪)

実技試験受験上の注意 二輪 自動車

二輪

試験車・乗車順位 試験開始の直前に指定します。
試験コースの順路

技能試験待合所に掲示しています。
9番窓口にコース図が欲しい旨伝えれば頂けます。
当サイトのコース図は、平成19年9月現在のものです。
最新のものがありましたら、お知らせください。

試験内容 正確な運転操作。法令履行及び道路(コース)・交通の状況に応じた安全かつ円滑な運転ができるかどうかについて行うほか、場内試験については次の試験課題があります。
(試験課題等)  
1
安全確認 原則として直接目視及び、バックミラーにより行います。
2
場内コース すべて車道とみなします。
3
坂道発進等

坂道コース通過時に、上り坂中央付近での停止・発信を1回行います。
(コース上に目標となる印等はありません)

4
指定速度区間 指定された区間において指示された速度(45km/h)で走行します。
5
脱輪時等の処置 脱輪又は、縁石に乗り上げた時は直ちに停止し、脱輪等をする以前の位置まで戻って走行しなおします。
6
直線狭路コース

直線狭路手前の白線で一旦停止し、着座姿勢で
○大型二輪車 10秒以上
○普通二輪車 7秒以上
○小型二輪車 5秒以上
の時間で通過します。

7
連続進路変換コース 障害物の間を順にS字状に
○大型二輪車 7秒以下
○普通二輪車 8秒以下
の時間で通過します。
8
急停止コース 指定速度40km/h(小型二輪車は30km/h)を保ち、急停止開始線から、前・後輪ブレーキを使い、車輪をロックさせず急停止区間内で安定した停止をします。
9
波状路コース 立ち姿勢(AT二輪車の場合は着座姿勢)により、出来る限り遅い速度で走行します。(普通二輪車、小型二輪車を除く)
10
走行終了時の措置 走行を終了した時は、駐車状態にする他、前車輪の先端を停止目標に一致させ、サイドスタンドを立てます。
試験の範囲 採点は、乗車する時から試験が終わって下車するまでの全てについて行います。
試験の中止 成績表の試験中止に該当することがあれば、即座に試験を中止します。
その他

○試験の妨害や不正行為は、刑事上の責任を問われることがあり、
 また試験も中止になります。
○走行中、試験コースが分からなくなった時は、早めに聞いて下さい。
 試験コースを間違えた時は、試験管の指示に従ってください。
○試験中は勝手に待合室を離れないでください。
 また、指定された順番に受験できない時は、試験管に連絡してください。
○試験中に交通事故を起こした場合は、刑法上の責任は
 全て受験者が負うことになります。
○試験中は、携帯電話及びポケベル等のスイッチは切ってください。
○試験について分からない時は、試験の開始前に尋ねてください。